検索
最新のトラックバック
高校野球道DS
from 高校野球道DS
プロ野球チームをつくろう..
from プロ野球チームをつくろう!2..
ROOKIES(ルーキー..
from ROOKIES(ルーキーズ)..
多くの甲子園球児を生み出..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
小柄な打者が、ボールに力..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
効果的なトスバッティング..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
「社会人」も始まってます。
from mingoh's観戦レポート
[野球]球速アップ(上げ..
from [野球]球速アップ(上げる)..
なめたけちゃんについて
好き→野球・南の島・フェレット。
応援→駒大苫小牧高校、筑波大学。
夢→甲子園全試合観戦、北海道のサマーハウス。
尊敬→香田誉士史監督。
メール→  8.bluesky@gmail.com
アドレスの一番最初に数字の0を加えてお送り下さい。


<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ページトップへ
春季全道大会 2回戦 vs北海
北     海  2 0 2 2 5 = 11
駒大苫小牧  0 0 0 0 0 =  0 (5回コールド)
【投手】北海:鍵谷-立島
     駒大苫小牧:浪岡・佐々木(大)・大沼-対馬

【日刊スポーツ:駒大苫小牧がコールド負け】
【スポーツ報知:駒苫「試合の流れ作る前に終わった」】
【スポーツニッポン:北海、駒大の3連覇粉砕】
【日刊スポーツ:駒苫5回コールド、最短敗戦】

内容重視。夏につながる試合になれば。
接戦で勝つのが理想、負けても僅差なら自信もつくのでは。
試合前は、勝手にそんなことを遠くから考えておりました。

今日出ていた選手達は、グラウンドで何を感じたのかな。

夏の予選は6月22日から。
あと1ヶ月しかないと思うか、1ヶ月もあると思うか、それは選手次第。

何が足りないのか。何から始めればいいのか。
気持ちが萎えたら、諦めたらそこで終わり。

夏、甲子園で茂木監督率いる駒大苫小牧を見たい。
どーしても見たいのです。私はあきらめませんよ!

そして、またまたもう一つの大切な試合…
國學院大学の、東都2部最下位回避をかけてのプレーオフ。
こちらも残念ながら専修大に破れ、入替戦が決定。。。
【東都大学リーグHP:2部星取表】

なんだって私の応援するチームは皆こうなるんじゃ(泣)
お祓いしてきます。
by nametakeko | 2008-05-30 19:31 | 高校野球 ページトップへ
春季全道大会 1回戦 vs函館工業
函館工業   0 0 0 0 3 0 1 0 0 = 4
駒大苫小牧 0 0 0 4 2 0 1 0 X = 7
【投手】函館工業:三国、斎藤-弗田
     駒大苫小牧:望月、岩瀬、大沼-対馬

【日刊スポーツ:駒苫V3へ王者らしからぬ勝利】
【北海道新聞:駒苫が函工振り切る】
【スポーツ報知:駒苫辛勝、投手陣10四死球】

速報画面に4点、同時に「本塁打:対馬」。
もしや満塁アーチ?なんて余裕はすぐに吹っ飛んだ(^^;

5回表の3点はノーヒットでの失点で、与四死球は全部で10とのこと。
次に不安を残す内容ではあったようですが、送りバントで3塁を狙いEを誘って一気に生還、など明るい材料も。

ハラハラドキドキの展開はもうお約束なのかも(^^;

次は評判の鍵谷投手を擁する北海。
厳しい戦いが予想されますが、結果はどうであれ、夏につながる収穫の多い試合をしてほしいです。

      <2008年春 全道大会 登録選手>

         1. 大沼 和輝  2年  左左
         2. 対馬 和樹  2年  右右
         3. 酒井 涼馬  3年  右右
         4. 小野寺 翔希  2年  右左 
         5. 佐藤 康平  3年  右右
         6. 大累 進  3年  右右
         7. 真田 大輔  3年  右右
         8. 吉川 翔汰  3年  右右
         9. 佐々木 宏武  3年  右右
         10. 浪岡 一平  3年  右右
         11. 岩瀬 弘宣  2年  右右
         12. 小野寺 卓也  3年  右右
         13. 服部 翔太郎  3年  右右
         14. 工藤 研太  2年  右左
         15. 佐々木 大二郎  3年  右右
         16. 土島 圭祐  3年  右右
         17. 伊藤 亮太  2年  右右
         18. 望月 智陽  3年  右右

…ところで、今日はもう一つ大事な試合が。
苫小牧駒澤大学の、北海道六大学リーグ優勝決定戦。

吉報を待っておりましたが…残念ながら延長で破れ、神宮出場を逃しました。
あ~~、残念。

原田君、吉岡君、岡山君…他にも駒苫OBがたくさん。
今年4年生になった原田くん、キャプテンをやっているそうです。
吉岡君はエースとして大活躍という話だし。
もう一度、吉岡君が投げる姿を見たい!!
by nametakeko | 2008-05-28 23:47 | 高校野球 ページトップへ
終わってみればあっという間
6勝6敗。初戦を取れたのは帝京戦のみ。

初っ端のvs明学1回戦を落としたことで、波に乗りきれないまま最後まで来てしまったような…気がします。
打線がいまいちだったのと、守備も筑波らしからぬ…ってとこが時々あった。
特にvs東海1回戦は、坪井君が東海打線を抑えていただけに、点を取ってほしかったな~と思います。。。

…なんて勝手なことばかり言ってスイマセン。

勝手ついでに、ベストマッチを選んでみました。

☆vs城西大学 3回戦 2-1☆【詳細はコチラ】
(帝京との延長16回を見てたら、そっちになったかも)

那須投手の好投にあっさり凡退が続くなかついに出た、2年生崎原君の値千金タイムリー。
(この日のチーム安打数2)
「打てないなら打てないなりに、こうやって勝つんだ」という気持ちを見せてくれた、センター兼屋君のスーパーファインプレー。
そして、絶対抑えるんだという気迫が伝わってきた坪井君の力投。
今でも心の中に強く残ってる。

坪井君は全12試合に登板。本当にお疲れさまと言いたいです。
4勝5敗…不調の試合もあれば、打線の援護なく、また守備が乱れての敗戦も。
スタンドから絶叫したいのをガマンする(高校野球と違い叫ぶと聞こえそうなので 笑)場面も多々…

でもやっぱり、苦しい時に三振を取れる坪井君が筑波のエース。
ゆっくり休んで身体をケアして、秋はルーキー久保君や他の投手陣も、皆でマウンドを守ってほしいな…と思います。

ついでに勝手に三賞も。
(生観戦した試合の主観のみで決めてます。あしからず)

☆殊勲賞 崎原悠介選手(2年・今治西)☆
城西との1回戦で代打デビュー、チャンスを広げる内野安打。2回戦も代打で勝ち越しタイムリー。そして、ベストマッチにも書いた3回戦。
これ以降DHとしてほぼ定着、勝負強さが光りました。

☆敢闘賞 日高一晃選手(4年・福岡工大城東)☆
一つでもアウトを、ピッチャーを助けようと、フェンスぎりぎりの捕邪飛をダイビングキャッチ。
そして最終戦、本塁クロスプレーで走者と激突、痛みに耐えてマスクをかぶり続けたガッツはさすがキャプテン。

☆技能賞 兼屋辰吾選手(3年・沖縄尚学)☆
打率.343、ベストナイン獲得。
守っても、筑波に兼屋ありとアピールする好捕を何度も見せてくれました。
ちなみに私、vs城西3回戦を見るまでは、彼のイメージは「ガリガリ君」でした。
野球部サイトの部員紹介ページ、「尊敬する人=ガリガリ君を開発した人」だったので(笑)
(今は「川村監督ならびに高校の監督」だそうです)
…ガリガリ君、そんなに好きなんだ。。。美味しいよね^^

他にも、選球眼のいい青山君(4年・愛工大名電)や、全試合にスタメン出場、安定した守備と人一倍元気な声で内野を引っ張った五十嵐君…
筑波には個性あふれる魅力的な選手がたくさん。

そして何よりも、グラウンドだけでなくベンチ、スタンド、ネット裏、皆で勝利に向かって一生懸命なところが筑波の最大の魅力だと思います。
by nametakeko | 2008-05-27 21:26 | 大学・社会人野球 ページトップへ
2008春季リーグ戦 vs日本体育大学 2回戦
日体戦、勝ち点とれば2位。とれなくても1勝すれば3位。二連敗なら、4位。

<5月26日 vs日本体育大学 2回戦 @平塚球場>
日体大 2 0 2 0 0 0 0 0 0 = 4
筑波大 0 0 1 0 0 1 0 0 0 = 2
【投手】日体大:鶴田祥、諸永、西村-角道
     筑波大:坪井-日高
【連盟HP 試合詳細】

まさかの二連敗でした。うーん。ショック。

中一日で先発したエース坪井君(4年・社)、立ち上がりを連打され一死1・2塁。
ショートゴロで二封できるところを悪送球で先制を許す。。。

3回には四番打者にツーランを浴び、4-0。

しかしあきらめない筑波ナインも、負けじと初回から2連打。
今日の打線はいつもと違いました。5回までで7安打。
崎原君(2年・今治西)、日高君(4年・福岡工大城東)のタイムリーで2点差までこぎづけます。

しかし、一昨日好投したリリーフの西村投手にうまくかわされ、反撃もここまで。

4回以降はピンチを招きながらもゼロに抑えただけに、前半何度かあった攻撃のチャンスをつぶしてしまったのが惜しまれます。。。

春の順位は下記の通り。

   優勝 東海大 10勝0敗 勝点5 勝率1.000
   2位 帝京大 6勝5敗 勝点3 勝率0.545
   3位 日体大 6勝5敗 勝点3 勝率0.545
   4位 筑波大 6勝6敗 勝点3 勝率0.500
   5位 城西大 5勝8敗 勝点1 勝率0.385 
   6位 明学大 1勝10敗 勝点0 勝率0.091

そして野球部ブログによると2名がベストナインに選ばれたそうです。おめでとう!!

ベストナイン 一塁手 遠藤野歩(3年・秋田) 
        外野手 兼屋辰吾(3年・沖縄尚学) 


筑波大学硬式野球部の皆様、お疲れさまでした。
天候不順に悩まされたこのシーズン、体調管理も大変だったと思います。
わずか2週間前は、5月とは思えない寒空の下4時間50分の死闘。
そして今日は真夏のような、痛いくらいの日差しの中。

ゆっくり休んでください。お疲れさまでした!
by nametakeko | 2008-05-26 23:20 | 大学・社会人野球 ページトップへ
2008春季リーグ戦 vs日本体育大学 1回戦
<5月24日 vs日本体育大学 1回戦 @平塚球場>
筑波大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 = 1
日体大 0 0 0 0 0 0 0 2 X = 2
【投手】筑波大:坪井-日高
     日体大:西村-角道、樋之本
【連盟HP 試合詳細】

あー。悔しい。こんな悔しい負け方なんて。。。(泣)

せっかく先制したのに。
せっかく三連打が出たのに。
せっかく応援ツアーが来てたのに。

ゲームは、毎回のように先頭打者を出しながらもエース坪井君(4年・社)の力投とバックの好守で再三のピンチを切り抜ける展開。

筑波もチャンスは作るものの、あと一本が出ず7回を終わって0-0。
この時点で、安打数は3。

そして8回表、簡単にツーアウトを取られた後。
日高君(4年・福岡工大城東)がライト前ヒットで出ると、上位に戻って山本君(3年・別府鶴見丘)も続き、2番兼屋君(3年・沖縄尚学)がライト前にタイムリー!
久々に見る三連打で、先制点を取る。

このシーズン、筑波は先制した試合では負けてない。
今日も勝てる。坪井君なら。あと2回なら。1点のリード、ぜったい守れる。

そう思って、メガホンを握る手に力が入りました。

が、直後の悪夢は・・・思い出したくない(涙)

8回ウラ、先頭打者を内野安打で出す。
ピッチャー前の送りバントで1塁ベースが空いてしまい、さらに悪送球が重なって、一死2塁のはずがまさかの無死2・3塁。

落ち着いて!一つずつ!踏ん張れ!!

エース坪井君、三振で1アウトは取るものの、3番打者にタイムリースリーベースを浴びて逆転を許す。。。

それでもこの2点で切った筑波、まだ攻撃のチャンスはある。
頼む、1点取ってくれ~~~!!

9回表、一死。
5番遠藤君(3年・秋田)がセンター前ヒットで出塁。代走に成戸君(4年・青山学院)。
続く五十嵐君、送りバント成功。二死2塁。
ここで代打竹内君(4年・中京大中京)、Pへの強烈な打球で相手投手が一瞬見失うも、落ち着いて捌かれゲームセット。

この負け方は悔しいよ。

この借りは、明日返してほしいです。

明日…天気が微妙ですが。。。やるかなあ。
by nametakeko | 2008-05-24 19:40 | 大学・社会人野球 ページトップへ
夏につながる円山へ
   <駒大苫小牧 室蘭支部予選結果>
     2回戦 5月13日 vs苫小牧東 3-1
     準決勝 5月15日 vs室蘭大谷 10-0(5回コールド)
     代表決定戦 5月17日 vs浦河 8-1(7回コールド) 

   <駒大苫小牧 春季全道大会日程>
1回戦 5月28日 12:00 vs函館支部代表
2回戦 5月30日 14:00 vs北海×小樽潮陵の勝者  
準決勝 6月2日 10:30 vs東海大四×岩見沢農業or白樺学園の勝者 
決勝  6月3日 13:00 vs??? 
【北海道高校野球連盟HP】

仕事中、そして神宮で横スタでOBの試合を見ながら速報をチェックするせわしない一週間でした^^

初戦の雰囲気を引きずらず、すぐに修正して次に臨めるところが素晴らしい!
支部予選突破おめでとう!!

さあ、円山。
ケガのないように、夏につながる大きな経験ができるように…
また夏にここでやることをイメージして、いい試合ができるように…
東京から祈ってます。

グラウンド、ベンチ、スタンド、皆の力で勝つのは大学も高校も同じ。
皆で気持ちを一つにして。茂木監督と一緒に頂点を目指して。

その結果、香田監督へ吉報を届けることができたら…嬉しいね。

がんばれ、駒大苫小牧!!
by nametakeko | 2008-05-20 22:19 | 高校野球 ページトップへ
2008春季リーグ戦 vs帝京大学 2回戦
<5月13日 vs帝京大学 2回戦 @相模原球場>
帝京大 1 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0  = 4
筑波大 0 2 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1X = 5
(延長16回サヨナラ)
【投手】帝京大:本田、冨永、小林仁、佐藤、末永-井坂
     筑波大:小長谷、岩崎、久保、坪井-日高
【連盟HP 試合詳細】

週末の雨で、平日にずれこんだこのカード。
1回戦はなんとか行けたものの、この日はぎりぎりまで迷った挙句あきらめました。

そういう時に限ってこんなすごい試合なんだな~。
あー見たかったよ~。雨のバカ~~~

4時間50分の死闘。
延長の規定を知らず、何回まであるのかも分からずに速報をリロードするたびに、心臓バクバクだった。

終盤のゼロ行進、どんな感じだったんだろう。
もし現地で見ていたら、寿命が縮まるような展開だったのかな(^^;

2点ビハインドの6回からは、久保くん(1年・佐賀北)が東海戦に続いてリリーフ
すんごいプレッシャーかかっただろうな。
回が進むたびに、ここまで来たら何が何でも勝ってほしい、明日に持ち越したくない、今日勝ってケリをつけて!!と祈る気持ちでした。

そして14回、坪井くん(4年・社)の名前が出た時にはもう涙目。

後から分かったことですが、ものすごい代打攻勢だったんですね。
でもなかなか一本が出なくて…
16回ウラ二死3塁、塩沢くん(2年・帝京)のタイムリーでついにサヨナラ

この時のベンチ・スタンドの歓喜の様子を想像するだけで胸が熱くなります。
勝ち点3おめでとう!!!

同じ帝京高校出身の同期・野口くんが1年春からグラウンドに立つのを去年スタンドで見ていた塩沢くん。
今季メンバー入りと同時にいきなり四番に座って、途中から少し調子を落としてるようでしたが、今日の2本のタイムリーはやっぱり流石だ。
この調子で次もガンバレ!

久保くんは8イニングを被安打2の無失点。いや~すばらしい。見れなくて本当に残念。
甲子園とどっちが緊張したかな?
こんなすごい試合でのロングリリーフは、きっと自信になったよね。

…ところで春の優勝は、最終カードを待たずに、無敗のまま勝ち点4を獲った東海に決定してしまいました。
筑波は2位を目指して、最終戦(vs日体大)に臨みます。

One for All , All for "WIN"

グラウンド・ベンチ・スタンド・ネット裏、みんなの力で、最後まで勝ちにこだわる野球を見せてほしい!

がんばれ、筑波大学!!!
by nametakeko | 2008-05-13 23:45 | 大学・社会人野球 ページトップへ
2008春季リーグ戦 vs帝京大学 1回戦
<5月12日 vs帝京大学 1回戦 @相模原球場>
筑波大 0 0 1 1 2 0 0 0 0 = 4
帝京大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0
【投手】筑波大:坪井-柄目、日高
     帝京大:末永-井坂
【連盟HP 試合詳細】

初戦を取ったのは今季初めて!
今日は負ける気がしなかったな。おめでとう!!

まさに、みんなの力で勝った試合でした。

3回表、一死1塁。
一塁ランナー山本くん(3年・別府鶴見丘)が一邪飛でタッチアップ
ファウルグラウンドの広さが功を奏したとはいえ、よく走った!
ここで2塁に進んだおかげで、続く兼屋くん(3年・沖縄尚学)のヒットで1点先制!!

そして、2点リードの4回ウラ。
エラーが絡み二死満塁のピンチで、右中間への大飛球をセンター兼屋くんがナイスキャッチ!
対城西3回戦を思わせる好プレー。これで勢いづきました。

直後の5回表。
先頭の山本くんが内野安打で出塁。
一死2・3塁となって、3番崎原くん(2年・今治西)の犠牲フライでタッチアップ、間一髪セーフ
今日は山本君ナイスランが続きます!直前のEはこれで帳消しだ^^
そして、ついに出た4番塩沢くん(2年・帝京)のタイムリーでリードは4点に。
ここしばらく当たりのなかった塩沢君、一本出て気が楽になったんじゃないかな。

先発坪井くん(4年・社)は、四球が4つとやや荒れてはいましたが、先頭打者を出しても後続をびしっと打ち取る被安打4のナイスピッチング

そして先発のマスクをかぶったのは、キャプテン日高くん(4年・福岡工大城東)ではなく3年生の柄目くん(宇都宮南)でした。
リーグ戦の先発は初めてだと思うけど(違ったらごめんなさい)、落ち着いたリードとカバーで8回まで守り、攻撃でも1安打を放ち、危なげなく完封勝利を演出しました♪

柄目くん、おめでとう!!

ところで。

ピンチでマウンドに集まった時、野手に4年生がいないというシーンを見たのは今日が初めてだったのですが…
この時の五十嵐くんがなんだかとっても頼もしく見えました。

1年春からメンバー入りして、最初はなかなか試合に出れなかったけど、一試合一試合それぞれにグラウンドで何かを感じて、すべてを肥やしにしてきたんだろうな。
そういう時間、経験が3年生になった今すっごく活きていて、内野を引っ張ってるんだと思う。

これまでの9試合、筑波の選手の中で全試合フル出場しているのは五十嵐くんただ一人という事実。。。
これって、すごいよね。

今日は残念ながら快音は聞かれなかったけど、人一倍の元気な声と安定した守備で盛り上げてた。
明日もがんばって!!

※試合内容に関しては記憶とメモを辿っています。ミスがありましたらご指摘下さい※
by nametakeko | 2008-05-12 23:59 | 大学・社会人野球 ページトップへ
『離れてもいつも応援している』
【北海道日刊スポーツ:新生駒苫が春の全道3連覇に挑戦】

---(一部抜粋)-----------
 香田誉士史前監督(37)が去り、茂木雄介監督(27)の力が問われる今年。
指揮官は「分からないことがあれば(香田氏に)聞けばいい。今はあまり自分にプレッシャーをかけずにやりたい」と“香田離れ”について言葉を濁したが「春はしっかり勝つことが大事」と、夏へのステップという以上のとらえ方でいる。

 北川主将は「香田先生からは『離れてもいつも応援している』と言われた。成績をいつも気にしてもらうから、負けるわけにいかない」と、遠く離れた恩師に「常勝」を届けるつもりでいる。
--------------------------

『離れてもいつも応援している』
広陵戦の翌日も、3月の退職報道でも出なかった涙が何故だか止まりませんでした。

香田監督は、5月15日付で鶴見大学硬式野球部のコーチに就任されるそうです。
【北海道新聞:「冒険心から挑戦」 香田前監督 鶴見大コーチに】

離道がいつかは分かりませんが、4日の札幌ドームはいらっしゃったのかな。
そうだと嬉しい。
田中くんが、去年の悔しいサヨナラ負けのリベンジを果たして、第二の故郷で初めて勝利投手になった試合。
これからもマリンやグッドウィルで見る機会はたくさんあるだろうけど、やっぱり最後に札幌で。
卒業して1年、こんなに成長したよって姿、見てもらえてたらいいな。。。

香田監督は、言葉どおり、どこに居てもいつも駒苫野球部を気にかけて誰よりも応援してくれる。
これは、今までのチームにない強力な精神的味方ができたということだと思います。

茂木監督率いる新生駒苫が春季3連覇を報告できるように、夏へいい形でつなげられるように、私も遠くから応援しています。

             <室蘭支部予選 日程>
5月13日 10:00 2回戦 vs苫小牧東×富川の勝者 @苫小牧緑ヶ丘球場 
5月15日 10:00 3回戦 @苫小牧緑ヶ丘球場 
5月17日 10:00 代表決定戦 @室蘭新日鐵球場

めざせ春3連覇!ガンバレ駒大苫小牧!!
by nametakeko | 2008-05-08 12:55 | 高校野球 ページトップへ
2008春季リーグ戦 vs東海大学 2回戦
<5月4日 vs東海大学 2回戦 @市営大宮球場>
筑波大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 = 0
東海大 0 6 0 2 0 0 0 0 X = 8
【投手】筑波大:岩崎、小長谷、坪井、久保-日高、本田
     東海大:小松﨑、城間、中西、菅野-秋山
【連盟HP 試合詳細】

残念ながら完敗。東海から勝ち点を奪うことはできませんでした。
それにしても、東海の選手はデッカイなあ…縦も横も、一回りデカイ。

今日の負けより昨日の負けの方が悔しいな。
昨日は勝機が何度もあった。ひとつでも活かせていれば、昨日は勝てたかも。
そしたら今日負けても3回戦に持ち込めたのに。。。

あの打球が抜けていたら。あのエラーがなければ。
今日のことよりも、昨日の場面一つ一つを思い返し、悔しさでいっぱいです(涙)

今日は前半ですでに8点差。
諦めてはいなかったと思う。後半は投手陣もバックも、苦しみながらもゼロにおさえた。

だけど、シーズン当初から不振の続く攻撃がどうにもこうにも…
東海の安打数、13。仕掛けた盗塁、7つ。うち6つ成功。ダブルスチールが二度。
対して筑波は、3安打。そしてゲッツー二つ。ラスト2イニングは三者凡退で、2日連続の完封負け。

・・・家に帰ってから、『ホームラン』の記事をもう一度読んでみた。
東海には勝てなかったけど、まだ、帝京戦と日体戦が残ってます。
最後まで気持ちを切らさないで、勝ちにこだわる野球を見せてほしいです。

みんな、研究して、工夫してるとは思うんです。それが空回りしているだけで。次こそは!!
でもこんなこと、誰よりもやっている選手本人が分かっているはず。
だから、応援者は次も応援するだけ、祈るだけです。

点を取らないと勝てないぞー!ピッチャーを助けてやれ~~~!!

**********
今日の試合、3番手坪井くん(4年・社)が降りたあと、7回ウラのマウンドに昨夏の甲子園の優勝投手・久保くん(佐賀北)が登りました。

記念すべき大学デビュー戦の初球は、直球でストライク。
先頭打者にツーベースを打たれるものの、バックにも助けられ、2回を3安打無失点に抑えました。

筑波野球に若い力が加わって嬉しい。下級生の投手は貴重な存在になることでしょう^^

※試合内容に関しては記憶とメモを辿っています。ミスがありましたらご指摘下さい※
by nametakeko | 2008-05-04 23:03 | 大学・社会人野球 ページトップへ
ページトップ



東京で働く道産子、なめたけちゃんの日記です。
by nametakeko
カテゴリ
全体
高校野球
大学・社会人野球
その他アマチュア野球
プロ野球
フェレット
日記
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク