検索
最新のトラックバック
高校野球道DS
from 高校野球道DS
プロ野球チームをつくろう..
from プロ野球チームをつくろう!2..
ROOKIES(ルーキー..
from ROOKIES(ルーキーズ)..
多くの甲子園球児を生み出..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
小柄な打者が、ボールに力..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
効果的なトスバッティング..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
「社会人」も始まってます。
from mingoh's観戦レポート
[野球]球速アップ(上げ..
from [野球]球速アップ(上げる)..
なめたけちゃんについて
好き→野球・南の島・フェレット。
応援→駒大苫小牧高校、筑波大学。
夢→甲子園全試合観戦、北海道のサマーハウス。
尊敬→香田誉士史監督。
メール→  8.bluesky@gmail.com
アドレスの一番最初に数字の0を加えてお送り下さい。


<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ページトップへ
燃え尽き症候群
もう随分昔の話だけど…
大学のクラスメートに、元高校球児が居た。
あと一歩のところで甲子園に手が届かなかった彼は、「野球はもう高校でやり尽くした」と、体育会の硬式野球部に入らなかった。

元サッカー部で国立を目指してた友達も全く同じセリフを言って、普通のサークルで普通の大学生をやっていた。

燃え尽き症候群に近かったのかな。

私にも憶えがある。スポーツじゃないし、学生の時じゃないけれど。
必死の思いで目標に達した後、切れた糸をつないでモチベーションを上げる事ができなかった。

何かを本気でやってきた人が、スパッと辞めた時。
それが好きな事であればあるほど、大きな虚脱感に襲われるかもしれない。

でも、一生懸命だった一日一日は、確実にその人を強くしてきたはず。
そして、その努力が大きかった人ほど、他の「何か」を見つけた時にまた頑張れるし輝くんだと信じたい。

残念ながら私の場合は、見つけないまま5年も経ってしまった。ただ組織の一員として日々の仕事をこなすだけで。

そんなに肩肘張らなくてもいいのかも知れないけれど。
でもやっぱり、自分も何かを見つけたい。自分が応援する人達のように。

一生懸命な姿とはあんなにも美しいものなんだと、自分より一周り以上若い彼らが教えてくれたのだから。
by nametakeko | 2007-02-26 23:54 | 日記 ページトップへ
酸素マスク初体験
健康診断のお知らせが届いた。
開いてみると、バリウム筋肉注射の文字(泣)

はぁ…筋肉注射。。
あれって、この世のものとは思えない程痛いんだよね。うぅ…嫌だよぉぉ…
去年、他の病院では「最近は性能がいいから(?)筋肉注射はやりませんよ」と言われたのに、ばっちりあるらしい。病院によって違うんだろうか?

…と迎えたユーウツな当日。
私の血管は何故か血が出にくいらしく、看護師泣かせでして…いつも左右の腕をじーっと見て「うーん」と唸られるのですが。。。

見るからに新米っぽい看護師のお姉さんの様子を不安に思いつつ、いつものように両腕を出すと…
あっちこっちの血管を触っては首をかしげてる…大丈夫かなあ…

やっとターゲットが決まったらしい。「はい、チクっとしますよ~」
しかし、血が出てこない…
「すいません、一回抜きますね」 「ハァ…」

そして、針を極細に換えて再開。あ、出てきた出てきた…よしよし。

…と、ホッとしたのもつかの間、目の前が暗くなる。
うっ、気持ち悪い…冷や汗も出てきた…「あらっ、顔真っ青!大丈夫?」

採血中断ベッドへ運ばれて酸素マスク被せられました(汗)

血管迷走神経反射というらしい。
血を抜いて気持ち悪くなったのも初めてだし、酸素マスクも初めてでした(^^;

しばらく酸素を吸ううちに回復。あ~、びっくりした。

しかし今日のメインイベントはこれから。
「あのお姉さんが筋肉注射すんのかなあ…(怖)」

そんな私に「血圧に影響するので、胃の検査は延期します」と神の声。

よかった♪
by nametakeko | 2007-02-23 12:22 | 日記 ページトップへ
寝不足
不眠症が悪化してきました。原因は隣で寝てる人のイビキ。
「うるさい!」と怒鳴っても体揺らしても、止まりませぬ…

一旦起こされると、もう眠れず。そんな時は、お決まりの妄想タイム(笑)

憲伸と孝介がメジャーに行った後のドラゴンズについて、とか。
東都観戦のための作戦、とか。(平日なんだな~)
なめたけチームのスタメン選手、とか。笑。

で、最近完成した「理想の○○ あのチーム版」はコレ。

   父・・・・T中くん(背中が大きい)
   息子・・・W谷くん(母性本能をくすぐる)
   兄・・・・M木くん(シッカリしてる)
   弟・・・・N澤くん(昨年版の“弟”に通じるものがありまして)
   旦那・・・H間くん(いいパパになりそう)
   友達・・・Y口くん、M谷くん(楽しそう)
   先輩・・・O川くん、K地くん(ときめきそう)
   同僚・・・K崎くん(素晴らしい判断力)
   上司・・・K田監督(ついて行きます)

監督以外は全員3年生。去年と同じ所にランクインしてるお方もいます…
by nametakeko | 2007-02-19 20:16 | 日記 ページトップへ
球春
【筑波大学硬式野球部のブログ】

今か今かと待ってましたが…やっと登場してくれました!!
五十嵐君、元気そう。今も“KOMAZAWA”を着て練習してるんだ。なんか嬉しいな。

もうすぐ大学でもオープン戦開始。4月になればリーグ戦。
筑波の他にも、國學院・明治・亜細亜・関東学院・横浜商大…

忙しい春になりそうです♪♪
神宮球場以外はどこも微妙に遠いのが難点なんだけどね…
by nametakeko | 2007-02-16 22:31 | 大学・社会人野球 ページトップへ
想い出甲子園 最終回
a0045303_21223771.jpg
悔しさや悲しさがこみ上げてきたのは、帰りの新幹線に乗ってから。

家に着いて、頭が冷静になっていくうち報道も色々出てきて、その気持ちがどんどん強くなっていきました。

「やっぱり、最後にナンバーワンポーズさせてあげたかったな…」
「スクイズしないで打ってたらなぁ…」
「でも香田監督がいいと思ったんだから、あの時はあれが一番だったんだ」

「選手が毎年入れ替わる高校野球で、ずっとチャンピオンでいられるわけがないんだし…」
「いつか負ける時が来るのなら、甲子園の決勝しかも再試合で1点差っていう負け方以上のものはなかったんだし…」
「これで、監督と新チームは余計な重荷を背負わずに済むんだから…」

「でも、3年生はこれで終わりなんだよなあ…優勝旗、持たせてあげたかったなあ…」
「だけど、ここで人生終わりじゃない。きっとこの負けが活きる時が来るよ」

一生懸命、“これで良かったんだ”と自分を納得させようとするんだけど、そんなに割り切れるものじゃなく、頭の中がグルグル回ってた。

カプセルの件を知った時は、ああ、そうだったんだ。田中君も入れてあげたかった。と思った。
そして、後輩にTシャツ着せて商売に利用するカプセル業者やこぞって絶賛するマスコミに、激しい嫌悪感を持った。

秋の神宮大会で早実に勝ってなかったら、どうなってたかなあ。
あっちゃんが斉藤君からHR打たなければ、甲子園であんなに抑えられなかったのかも…
「夏」が至上命題でなければ、道大会で慎重すぎる程の投手起用にならなかったんだろうな…
そうすれば、田中君があそこまで疲れることも無かったのかな…
etc...etc...

…スポーツに“たられば”は御法度。
それでも、モンモンと考え続けてしまうのがファンの情でして。

球史に残る、延長15回と再試合。
世間の人は、素晴らしかったって皆言うし、投手戦が好きなウチの旦那も「いい試合だった」と言う。
でも、客観的に見れた人がこの2試合を一番楽しめたんじゃないかと思う。
私は必死で、良い試合と思う余裕なかった。
特に1日目はずっとサヨナラ負けの恐怖と闘って、心臓壊れるかと思ったし…

もう少し時間が経ってビデオを見た時には、違う見方が出来るかな。

今思うのは、もうこんな事は永久に起きないんじゃないかなってこと。
北海道勢初の全国制覇。そして連覇に準優勝。その間に起きて、乗り越えた出来事。
この奇跡が起きた時代に生きて、この目で見れた私は幸せだった。
道産子のいち高校野球ファンに、彼らは沢山の宝物をくれた。
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

2006年夏が全て『ハンカチ王子』という言葉で総括されるのがたまらなく嫌だけど、でも、本当に高校野球が好きな人ならちゃんとあの試合を覚えててくれると思うから、それだけでも嬉しい事だよね。
松山商業vs三沢とか、箕島vs星稜みたいな存在になるよね。

みんな、10年後どんな人になってるだろう。
田中君以外にも、プロで活躍する選手が出たら嬉しいな。
指導者になる選手もいるだろうし、野球から離れる子もいると思うけど、みんな、幸せになって欲しい。
精神的に満たされた、幸せな人生を送って欲しいです。
この先自分が死ぬまで、ずっと願い続けるよ。
そうしないとバチが当たる位、彼らは私の心を満たしてくれました。

…長くなりましたが、観戦記、終了です。お付き合いありがとうございました。
by nametakeko | 2007-02-13 21:14 | 高校野球 ページトップへ
『深紅の旗は我にあり』著者、蔵重俊男氏のコラム
【深紅の旗その後・絶頂から奈落の試練に立ち向かう人々】

“私から見た真実を書くことで香田誉士史と言う人間を理解していただき、全国の高校野球ファンが誤解に至らないようにと、切に願っているのです。”
(本文より)


マスコミの伝えることだけが真実ではない。
あの時の本当のことを、世間の人達に知って欲しい。

大人って、勝手だな。
でもそんな中、蔵重さんや深紅の会の方々の様に、監督を心から好きで、理解して、支えようとする人達が居てくれて良かった。

駒苫ファンに限らず一人でも多くの人に読んで欲しいです。是非ご覧下さい。
by nametakeko | 2007-02-08 21:37 | 高校野球 ページトップへ
坂田健史、今度こそ頂点へ
<WBA世界フライ級タイトルマッチ 決定>
3月19日(月)東京・後楽園ホール
[王 者]ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)
[挑戦者]坂田健史(協栄/同級3位)

【スポーツナビ】

2004年6月  vsロレンソ・パーラ 0-2(ポイント差8)。
2005年9月  vsロレンソ・パーラ 0-2(ポイント差3)。
2006年12月 vsロベルト・バスケス 1-2(ポイント差2)。
…過去3回の世界挑戦、全て接戦に持ち込みながら判定に泣いた坂田くん。

バスケス戦のあと、彼が世界を獲るにはもうKOしかないと思った。
不当な判定で泣かないためには。
試合後にジャッジ内容を取り沙汰されたり「お前が勝ってた」と言われる事ほど、敗者にとって空しい事はない。

多分、これで最後の挑戦。相手は因縁のパーラ。

もう、『僅差の判定負け』は見たくないよ。
『いい試合』も要らない。いい試合は充分見せてくれたから。


勝って欲しい。どんな勝ち方でもいい。

【坂田健史 Burning Fist】
by nametakeko | 2007-02-07 12:58 | 日記 ページトップへ
想い出甲子園 6
a0045303_22522254.jpg

☆8月21日(月)
決勝再試合
vs早稲田実業☆

【試合詳細】






チケットの列で、『きみたか君』というイガグリ頭の野球少年と出会った私。
超満員アルプスで1人きりは危ないと思って、一緒に座ってあげる事にしたのだけど…
この子、子供らしくてすっごく可愛い。照れ屋さんでハニカミ屋さん。

アルプスの控え部員達が、試合開始までの間、きみたか君と遊んでくれた。
というか、後藤君曰く「いきなりからんで来ました」(^^;
野球少年にとって、ユニフォーム姿のお兄さん達は本当に憧れなんだなあ。
田中君や山口君も、きっと子供の頃こんな風に甲子園に来たんだろうな…
あと6年もすれば、きみたか君も高校生になって、このグラウンドにいるかも知れないんだなあ…

思いもかけなかった延長15回引き分け・再試合。
投手層の面から駒澤が有利だと思ってた。
昨日は斉藤君に押さえ込まれたけど、幾ら何でも4連投だし、もしかしたら先発しないかもしれないし、と楽観視してた。
ただ、今日もまた先攻と分かった時嫌な予感。

そしてそれは見事的中(泣)
いきなり初回に先制されて、でも1点や2点位いつでも跳ね返せると内心思いつつ、ムードがどうにもこうにも…

ひたすらブンブン振り回す駒苫打線に「あぁぁ…」
際どい判定の度に「えぇーーーーっ」
スイング取らず死球判定になった時は「うぉい!!振っただろがーーっ!!」
なんで、なんでなんだ…
おまけに、一塁側アルプスの中に居ても分かってしまう、早実寄りの雰囲気。

三谷君のHRで1点返すもののすぐまた取られ、6回終わって3-1。
残り3回で2点差。。。
先頭打者岡川君に「オカガワーー!!何でもいいから塁に出ろーーーっ!!!」と叫ぶ(汗)
しかし絶叫空しくこの回も三者凡退。

小林君の代打に岡田君がコールされた時は、試合の終わりが近づいてることを実感した。

8回裏、外野席からビニール袋が飛んできて、センターとライトの間にポトリ。
「ちょっと危ないよー、審判気づいてよー」と言ってる間に、あっちゃんがサッと走って(速い!)拾い、ポケットへ。
1塁側アルプスから拍手が起きました。

3点差を追う最終回の攻撃。
このまま終わるのは嫌だ、意地見せてくれ!と、祈るしかなかった。
この日ノーヒットだった三木君が意地の一打で出る。無死一塁。
「よしっ!中澤くんお願いっ!!!頼むーーーっ!!!!!」
そして初球をフルスイングした中澤君の打球は、アルプスの前を通って、バックスクリーン横に…
この夏2度目の“何が何だか分からない興奮状態”に陥りました…

でもあと一本、あと一歩、あと1点届かず、試合終了。

ただ、その瞬間は悔しさより「もう充分。ありがとう」という気持ちだった。
4-1で負けてたら悔しかったけど、4-3だったので。あの最後のHRに救われました。
吉岡君もTVで言ってたけど、普通、最終回にあんな事出来ないと思う。しかもあの冷静なバッテリー相手に。

センバツ辞退・監督辞任の絶望を乗り越えて努力を続けた駒苫ナインだからこそ、夏の切符を掴む事ができて、甲子園で幾つもの奇跡を起こせた。
そして、最後の最後でもう一度、その証を見せてくれた。それで充分だった。

閉会式後もしばらく放心状態で動けなかった私に、きみたか君が一言「帰ってもいい?」…どこまで可愛いんだこの子(笑)

球場の外で、光くんを見かけました。
「光くん期待してるからね、頑張ってね」
「はい、ありがとうございます!」帽子を取って元気良く返事してくれた。
来年も絶対ここで駒苫を応援したいと思いました。

…あと一回つづきます。
by nametakeko | 2007-02-05 22:52 | 高校野球 ページトップへ
楽天・田中、キャンプイン。
3月迄はまだ「駒苫の田中君」と思いたい私は、相当往生際が悪いファンであります(汗)
と言いつつ、オフィシャルグッズは発売開始と同時に速攻で買ったけど。あ、もちろんハンカチ以外。

一昨日の報道ステーションで、田中くんは「人間関係が心配」と話してた。
今までは歳の差なんて知れてたけど、これからは倍以上離れたベテラン選手や、球界最年長の監督といった人達の中に入ってうまくやっていけるか心配だ、と。

こういう話を聞くと、あぁやっぱり18歳なんだと実感する。
そうなんだよね…まだ18歳なんだ。

去年の夏に見た、忘れられない表情がある。

東洋大姫路戦、1点勝ち越し直後の8回表。
2死1・2塁から9番打者に死球を与え、満塁。ハーフスイングを取って貰えればスリーアウトになるはずが、大ピンチに。
迎えた次打者へのカウント1-3、そこから高めを打たせてセカンドゴロに仕留め、「見たかっ!!」とばかりに雄叫びを上げナインとタッチを交わしながらベンチに駆けていく時の、目をつり上げた鬼の形相。
ああいう、『向かっていく』気持ちを思いっきり出すトコロが好き。プロになっても変わらないで欲しいなぁ。

そして、決勝再試合の後。仲間達に胴上げされる、何ともいえない笑顔。
【写真はコチラ】
この1年、大人の世界の理不尽な風に何度も煽られながら重圧を乗り越え甲子園に戻って来て、そこでも苦しい戦いの連続で…
そういう全てのことからやっと解放されて、普通の高校生に戻った姿。
本当に悔いは無いんだ、完全燃焼できたんだ。やっと終わったんだと伝わってくる、心からの笑顔。
これを見て、田中君は高校生だったんだと改めて思った。

この対照的な二つの表情が、すごく好きです。

ちなみにこの写真に写っている山口君の笑顔も好き。
2人で兵庫から遠い北海道に来て、他の子には無い苦労もあったはず。
山口君が居たから、励ましあって頑張ってこれた部分がきっとあると思う。
だから、こんなに嬉しそうに球友を見上げる山口君を見て、すごく嬉しかった。

これからの長いプロ生活で、たくさん田中君の『いい顔』を見たいなぁ。

年が明けてからハイペースで投げ込んでた様で少々心配だけど、考えがあってのことなのでしょう。
周りのアドバイスはもちろん大切。でも、人の言いなりじゃなく、聞いた上で自分で考えないと。
そこに自分の意思が無かったら、責任を取れない。
言いなりもダメ、聞かな過ぎもダメ。田中君は、解ってると思う。

a0045303_1226994.jpg

ケガだけはしないようにっ!がんばれ、楽天・田中将大!!
by nametakeko | 2007-02-02 12:13 | プロ野球 ページトップへ
ページトップ



東京で働く道産子、なめたけちゃんの日記です。
by nametakeko
カテゴリ
全体
高校野球
大学・社会人野球
その他アマチュア野球
プロ野球
フェレット
日記
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク