検索
最新のトラックバック
高校野球道DS
from 高校野球道DS
プロ野球チームをつくろう..
from プロ野球チームをつくろう!2..
ROOKIES(ルーキー..
from ROOKIES(ルーキーズ)..
多くの甲子園球児を生み出..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
小柄な打者が、ボールに力..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
効果的なトスバッティング..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
「社会人」も始まってます。
from mingoh's観戦レポート
[野球]球速アップ(上げ..
from [野球]球速アップ(上げる)..
なめたけちゃんについて
好き→野球・南の島・フェレット。
応援→駒大苫小牧高校、筑波大学。
夢→甲子園全試合観戦、北海道のサマーハウス。
尊敬→香田誉士史監督。
メール→  8.bluesky@gmail.com
アドレスの一番最初に数字の0を加えてお送り下さい。


<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ページトップへ
首都大学リーグ 新人戦
台北より戻りました。時間ができたら台北日記書いてみます。

帰りの機内で読んだスポーツ紙にびっくり。一週間たってもまだ騒がれてる事にもびっくりだったけど…
“全日本高校選抜チームにマスコミ殺到の恐れの為(!!)、松井との対面もヤンキース戦見学も中止”って…

へっ?本当にそれだけの理由?マスコミ殺到が困るなら、規制すれば?そして、それを悪びれることなく「ハンカチ王子残念」と書く当のマスコミって一体何?アホ?
甲子園での活躍が認められて選ばれた18人だよ。日本球界にとっても宝だよ。メジャーリーガー松井に直接会えるなんて滅多にないチャンスだし、ヤンキース戦も観たかっただろうに。すごく大きな経験になるのにねぇ。それをそんな理由でつぶすって、意味分からん。

…と1人でまくしたてる内に(旦那無関心)、成田へ到着しました。

でも結局、松井選手との対面は実現したそうで、良かった良かった。
マスコミさん、理性を持ちましょう。相手の身になって考えましょう。まだ未成年ですよ。頼みます。

ところで。
首都大学リーグでは、先週新人戦トーナメントが行われたそうです。
(甲子園だけで精一杯で、チェックが遅くなってしまった…
気づいた時には終わっておりました 泣。)

筑波は、惜しくもベスト4。ちなみに優勝は、準決勝で筑波を下した城西大でした。

8月21日 1回戦   ○6-4vs獨協大 
8月22日 準々決勝 ○4-1vs大東文化大
8月23日 準決勝  ●3-4vs城西大

1回戦は8月21日…しかも13:00プレーボール。
後輩達の決勝再試合と同じ時に、五十嵐くんも新人戦に臨んでたんだなあ。
どんな気持ちだったかなあ…甲子園までは行けなくても、TVの前で応援したかっただろうな…

そしてそして、【首都大学野球連盟:新人戦結果一覧】をご覧下さい。
8月22日の大東文化大戦、三塁打の所に「五十嵐(筑)」の文字がーーーーー!!!!!
これは公式戦初ヒットだよね?!しかも三塁打っ!
(あ、もしかしたら1回戦でシングルヒット打ってるかも知れないんだけど…
ツーベース以上しか記載されない様でして…もし違ってたらごめんなさい)

五十嵐くん、おめでとう!!秋のリーグ戦もがんばって!!
by nametakeko | 2006-08-31 23:12 | 大学・社会人野球 ページトップへ
一期一会@甲子園
今年も、甲子園で、いろんな人に逢いました。

東洋大姫路戦、入場券売り場で隣に並んでた宝塚の女子高生。
宝塚ボーイズ出身の田中くんと山口くんがいるから、地元東洋大姫路でなく駒苫を応援すると言ってました。
どこかで見た子だなあと思ったら…前の試合(青森山田戦)の時、アルプス最前列で踊ってた子だ。
このダンス、かなり上手いというか、激しい。道新にも載ってた 笑。
準決勝も決勝も、ずっと最前列で踊ってました。お疲れさま。

決勝1日目、OBの桑島君(現愛知学院大)をアルプスで発見。
桑島君は確か去年も来てた気がする。優しい先輩だ。カッコイイ。
友達と一緒に駆け寄って「桑島君の応援があれば絶対に勝ちますよっ!」と言ってしまいました。
その時一緒に居た某局の某アナ、「いやいやそんなことないですよ」…おい。

決勝再試合で、ひょんな事から一緒に観戦する事になった、きみたか君。
駒苫の試合を観る為に1人で甲子園に来た、小学4年生です。
リュックの中にグローブ入れてる。さすが野球少年。
「甲子園よく来るの?」「…(頷く)」「駒大苫小牧好き?」「…(頷く)」「誰が一番好き?」「田中!」可愛い。
駒苫の控え部員達と仲良くなって、帽子をかぶせて貰ってました。やっぱり憧れるよね。
試合開始まで面倒を見てくれた後藤君始め部員の皆さんありがとう。
きみたか君、一緒に「カットバセー、マーサヒロ!」って応援できて楽しかったよ。君も将来甲子園球児になるのだ!

今年もいた、売り子の鈴木君。(名前覚えた)
去年「なまら美味しい十六茶いかがですかー」と叫んでいたあの売り子。
今年は「なまらしゃっこい十六茶いかがですかー」「本間くんも大好き、十六茶いかがですかー」と叫んでは観客の笑いを誘ってました。
彼は毎年居るのだろうか?そして売るのはいつも十六茶?

決勝再試合の日、鷲谷くんのお母さんとお姉さんがアルプスにいらっしゃいました。
春に自主練を見学した時、鷲谷くんが最後の1人になってもずっとバットを振っていたこと、元気に挨拶してくれたこと、円山の2打席連続HRに感動したことを話したら、ニコニコして聞いてくれました。
お姉さんを妹さんと勘違いして、ごめんなさい。。。

そしてそして、いつもお世話になっている方々。
日替わりでいろんな方と一緒に応援したり、熱く語ったり、楽しかった!
初対面の方も、初めて会った気がしなかったな。お世話になりました。また会いましょう!

甲子園は、人と人を近づけてくれる、不思議な場所。
でもそれは、素晴らしい試合を見せてくれる選手達のお陰です。

ところで…
明日から台北へ行ってまいります。
甲子園であれだけ会社休んでるのに、大丈夫なんだろか?ま、いいか。
by nametakeko | 2006-08-24 12:17 | 高校野球 ページトップへ
今日、帰道。
3年生の夏が終わる時、「精一杯やった。悔いは無い」と言って終わって欲しいと、ずっと願ってきました。

そんな終わりになったんじゃないかな…。
田中くんは今までの闘志あふれる表情から、何かを悟ったような優しい表情になってました。
悔し涙を流した選手も、どこかに満足感を持つことが出来ていたらいいなと思います。

3年前までは、北海道のチームは甲子園で1回勝つだけで大健闘と言われていました。
組み合わせ抽選で当たった相手に大喜びされて。
北海道が優勝するなんてあり得なかったのに、2年前まさかの優勝。
もう生きている間に見ることは絶対無いだろうと思っていたら、連覇。

そして今年のチームは、自分達に非のない混乱に2度も振り回されながら甲子園への切符を勝ち取って、他チームが皆打倒駒苫でぶつかってくる中、決勝まで進んだ。
本当に、よくここまで来たと思う。

甲子園4年連続出場だけで、すごい事。
優勝翌年の甲子園出場だけでも難しい。
それなのに、3年連続決勝進出、2連覇の翌年準優勝。奇跡のような快挙です。

青森山田戦の大逆転サヨナラに東洋大姫路戦の4点差逆転、そして昨日の最終回の攻撃。
絶対に諦めない駒苫野球の神髄を、最後まで見せてくれました。
あれがあったから、負けた瞬間悔しさよりも「ありがとう」の気持ちを強く感じたのだと思います。

駒大苫小牧の選手達は、今日帰道しました。
改めて、準優勝おめでとう。

ところで…日米親善試合に出場する日本選抜チームに、田中くん・本間篤史くん・中澤くんが選ばれました。おめでとう!
【北海道新聞】

特に中澤くんの選出が嬉しい。
青森山田戦の土壇場同点HR、昨日の最終回1点差に迫る2ラン、彼の強い気持ちを感じた。
本当に心から感動した。
息子の野球の為に北見から札幌へ引っ越し転職までしたお母さんへ、恩返しのHRだと思いました。
お母さん、中澤くんを産んでくれてありがとうございます。今までお疲れ様でした。
もしも私が母親になる時が来たら、中澤くんのお母さんのような母親になりたい。もしも、だけど。
by nametakeko | 2006-08-22 23:28 | 高校野球 ページトップへ
駒大苫小牧 2006年夏(13.vs早稲田実業 再試合)
<8月21日 決勝再試合>
駒大苫小牧  0 0 0 0 0 1 0 0 2 = 3 
早稲田実業  1 1 0 0 0 1 1 0 X = 4  
 【投手】駒大苫小牧:菊地、田中  早稲田実業:斉藤
 【本塁打】駒大苫小牧:三谷、中沢
【北海道日刊スポーツ】
 【駒大苫小牧 スターティングメンバー】
 1(三)三谷 2(遊)三木 3(一)中沢 4(中)本間篤 5(左)岡川
 6(投)菊地 7(右)鷲谷 8(二)山口 9(捕)小林

最終回の中沢くんの2ラン、絶叫しました。
でも、最後の瞬間は不思議と涙は出なかった。
こんなにすごい試合を見せてくれて。こんなに頑張ってくれて。
もう充分です。
アルプスに挨拶に来た時、「皆ありがとう!香田監督ありがとう!」と叫びました。

本間キャプテンは号泣していた。
3連覇まであとほんの一歩だった…
やっぱり、春の悔し涙を夏の嬉し涙に変えさせてあげたかった。優勝旗を本間くんに持たせてあげたかった。

でも、負けから学ぶこともある。
高校野球の終わりは人生の終わりじゃない。
これからの人生の方がずっと長いんだから。
今日の試合は、今後の人生にすごく大きな意味を持つはず。

去年の先輩よりもっともっと大きなプレッシャーと戦って、尋常じゃないものを乗り越えてきた現チームの皆。
3年連続、4,112チームの中のたった2チームしか進めない決勝の舞台に立つということだけで、充分すぎる偉業です。
しかも、その最後の試合は、球史に残る素晴らしい試合。
胸を張ってください!

センバツを辞退して、香田監督が辞任した時、今年の夏がこんなに長いものになるとは想像できなかった。
この1年彼らの置かれた境遇を思えば思うほど、こんなに長い夢を見させてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
香田監督はじめスタッフの方々、部員全員に心からお礼を言います。ありがとうございました。
そして…香田監督、御体お大事にして下さい。

彼らは北海道の誇りです。準優勝おめでとう!
私はこれからも駒大苫小牧野球部とOB達を応援し続けます。
by nametakeko | 2006-08-21 23:18 | 高校野球 ページトップへ
駒大苫小牧 2006年夏(12.vs早稲田実業)
まさか、こんな事になるなんて。

<8月20日 決勝>
駒大苫小牧  0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1 
早稲田実業  0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 = 1  
(延長15回 規定により引き分け再試合)
 【投手】駒大苫小牧:菊地、田中  早稲田実業:斉藤
 【本塁打】駒大苫小牧:三木
【北海道日刊スポーツ】
 【駒大苫小牧 スターティングメンバー】
 1(三)三谷 2(遊)三木 3(一)中澤 4(中)本間篤 5(右)鷲谷
 6(投)菊地 7(左)渡辺 8(二)本間直 9(捕)小林

今日は本当によく守った!
そして三木くんの先制HR、すごかった!
(先制直後に、取材がご両親に殺到。
取材を受けるご両親、試合の行方が気になるだろうになぁ…と思ってたら、
同点になってしまった。
私だったら「今大事なとこなんだから話しかけないでっ」と言っちゃいそう)

決勝戦の引き分け再試合は、37年前の三沢vs松山商業以来だそうです。
明日は会社を休みます。。。そして、仕事の都合等で泣く泣く戻った方達の分も、声を出して応援します!

皆、今、何を考えてるのかな…
集中力を切らさずに、いつも通りの野球をすれば勝機はあると思う。

もう1試合できるんだ。楽しむ気持ちを忘れないで!
がんばれ、駒大苫小牧!
by nametakeko | 2006-08-20 22:18 | 高校野球 ページトップへ
駒大苫小牧 2006年夏(11.vs智弁和歌山)
2連覇した学校が翌年ベスト4に残る事自体、73年ぶりだそうです。
そう、中京商業が3連覇した時以来。

決勝への切符を賭けた、今日の試合。
<8月19日 準決勝>
智弁和歌山  1 2 0 1 0 0 0 0 0 = 4 
駒大苫小牧  4 0 1 0 2 0 0 0 X = 7  
 【投手】智弁和歌山:松隈、竹中、芝田  駒大苫小牧:菊地、岡田、田中
【北海道日刊スポーツ】
 【駒大苫小牧 スターティングメンバー】
 1(三)三谷 2(遊)三木 3(一)中澤 4(中)本間篤 5(右)鷲谷
 6(投)菊地 7(二)山口 8(左)西田 9(捕)小林

1回表、最少失点で切り抜けたのが大きかったと思います。
本間(篤)くんが今日は4打数3安打1打点の大当たり!
不調の選手がいれば、他の選手がカバーして、皆で助け合う全員野球で、ついに3年連続決勝進出となりました。

これだけでも充分すぎる、凄過ぎる快挙です。
昨秋スタート時の混乱、そして春の悔しさを乗り越えて、重圧に耐えてここまで来た彼らに、敬意を表して…
今年も日本で一番長い夏を見せてくれることに感謝して…
明日はアルプスから今まで以上の声援を送ります!

【北海道新聞:駒大苫小牧応援団長の萩原君「退学止めてくれた」】
山口くんへ。
去年の甲子園、神宮、君のナイス守備を私は覚えてるよ。
今日のことは忘れて、明日は「無」になって守備について下さい。自信を持って、頑張れ!

“負けると思ったら、あなたは負ける”
“最終的に勝利を収める事ができるのは、私は出来ると思っている人なのだ”

勝っても負けても、明日が2006年夏最後の日です。
今までやってきたことに自信を持って、100%の力を出し切って下さい。
ここまできたら、勝利への執念が強い方が勝ちだと思う。
絶対に気持ちで負けないで!自分達の野球が出来れば、結果はついてきます。自信を持って!
そして、最後の甲子園を楽しんで下さい。

がんばれ、駒大苫小牧!
by nametakeko | 2006-08-19 22:13 | 高校野球 ページトップへ
駒大苫小牧 2006年夏(10.vs東洋大姫路)
一昨日、私は青森山田戦で興奮しすぎたのか頭がクラクラ、脈もおかしくなり発熱…
今日の甲子園行きが危ぶまれましたが、気合で治しました(笑)
軽い脱水症状だったようです。
水分補給は水やお茶でなくスポーツドリンクにすることをお勧めします。

それはさておき…3年連続ベスト8。これって、、、すごい。
<8月17日 準々決勝>
東洋大姫路  2 0 0 2 0 0 0 0 0 = 4 
駒大苫小牧  0 0 0 0 0 4 1 0 X = 5  
 【投  手】東洋大姫路:飛石、乾  駒大苫小牧:田中
 【本塁打】東洋大姫路:林崎  
【北海道日刊スポーツ】
 【駒大苫小牧 スターティングメンバー】
 1(三)三谷 2(遊)三木 3(一)中澤 4(中)本間篤 5(投)田中
 6(右)鷲谷 7(二)山口 8(左)岡川 9(捕)小林

早々に4点を先取されて、打線は相手左腕にヒット1本に抑えられた前半。
アルプスでは、ノーアウトのランナーを出す度、攻撃が三者凡退で終わる度に「あぁ…」というため息が漏れました。

でも。
9回が終わった時に、1点でも多い方が勝つのが野球なんだな。
当たり前のことを、今日改めて思いました。
やっぱり点の取り方が巧い。

焦らず絶対に諦めない精神力、ここぞという時の集中力。
どうやってそれを培ってきたのかと考えると、ただただ頭が下がります。

エラーが出た時(だったと思う)、
アルプスの後ろの方から「ここまで来たんだ!楽しめ!!」というオジサンの大きな声が聞こえた。
そうだ!小さくならないで!のびのび元気良く、甲子園を楽しんで!

準決勝の相手は智弁和歌山。相当駒澤を意識してます。
でも、相手はどこでも関係ない。自分たちの野球をするだけ。

私は駒大苫小牧の野球が好きだ!!
中沢くんの芸術的なバッティング、鷲谷くんの気迫、三木くんの華麗なグラブさばき、三谷くんの伸び伸びしたプレー、そして皆の笑顔、
みんな好きだ!!

その大好きなチームの試合をアルプスでまた見られる事に、心から感謝します。
3年連続ベスト4。。。。
がんばれ、駒大苫小牧!
by nametakeko | 2006-08-17 22:00 | 高校野球 ページトップへ
駒大苫小牧 2006年夏(9.vs青森山田)
<8月15日 3回戦>
青森山田    0 4 2 1 0 0 0 1 1   = 9 
駒大苫小牧  0 1 0 1 0 2 1 3 2× = 10 (9回サヨナラ)  
 【投  手】青森山田:野田  駒大苫小牧:岡田、菊地、田中
 【本塁打】青森山田:野田  駒大苫小牧:鷲谷、中沢
【北海道日刊スポーツ】
 【駒大苫小牧 スターティングメンバー】
 1(左)岡川 2(遊)三木 3(一)中澤 4(中)本間篤 5(投)岡田
 6(三)三谷 7(右)鷲谷 8(二)山口 9(捕)小林

今日はアルプス観戦。
何と言ったらいいんだろう…
もう、何も言う事はありません。ただただ、泣けました。

去年の鳴門工戦、一昨年の済美戦を思い出した人も多いのではないでしょうか。
大量リードされても、絶対に諦めなかった鳴門工戦。
点差を縮めた直後に突き放されても、食らいついていった済美戦。
先輩達の強い気持ちを、ちゃんと引き継いでいる。

正直、5回が終わった時点で、「今日は駄目かな」という気持ちと「絶対に逆転してくれる」と信じる気持ち、両方ありました。
でも彼らは、全く諦めていなかった。あの精神力は、本当にすごい。
チーム皆で掴んだ勝利です。

4点先制された直後の鷲谷くんのHR、8回の小林くんの同点タイムリー、9回の中沢くんの土壇場同点HR、三谷くんのサヨナラヒット。
アルプスから見た彼らのガッツポーズに、鳥肌が立ちました。

リュウヤ、よくやった!!
ワシヤ、でかしたー!!
タダオ、よく打った!!
ヨシツグ、いいぞー!!
スグル、偉い!!
…何度絶叫したか。。。喉が痛いです。

勝ったことは勿論ですが、全員が絶対に諦めない粘りを見せてくれたことが、本当に嬉しかった。

準々決勝の相手がどこであっても…
今日の様に、絶対に諦めないで、自分達の野球をして欲しい。
今日の様に、チーム皆で相手に向かって行こう!!

みんな、最高だーーーーー!!!!!
by nametakeko | 2006-08-15 19:28 | 高校野球 ページトップへ
初戦から一夜明けて
猛烈に眠いです。
不眠症ぎみの私が夜行バスで行くのは無謀だったか…

昨日は初めて内野席に座りました。同じ3塁側のチームは、三重高と天理。

選手宣誓をした三重高の中村キャプテンは、敗戦後、ベンチの前で涙を流していました。
そして、次の試合の為に入ってきた天理の顔なじみらしい選手に「頑張れよ」と声を掛けていました。
あぁ、こういう光景っていいなあ。

第二試合終了直後、駒大苫小牧の選手がグラウンドに登場した瞬間、球場内がざわめきました。
そして急に前の方の通路が混んでくる…カメラの向く先は、全て田中くん。
高校生がこういう中で平常心を保つって、大変なことだ…
(でも、心配していたヤジは無くて、ホッとした。)

中盤以降相手ペースとなった南陽工戦。やっぱり甲子園のお客さんは判官贔屓。
ノーマークチームが注目チームをジワジワ追い上げる展開に、周りの空気はだんだん南陽工寄りになっていきました。隣のオッサン、田中くんの四球を喜んでるし…
内野席はプレーが良く見えるのが利点だけど、大声で応援するならアルプスが良いと心から思いました(汗)

しかし、初制覇の時は判官贔屓のお客さんが皆応援してくれた駒澤が、2年後には逆の立場になるなんて…感慨深いと言うか何と言うか。
勝ち続けることは本当に難しい。

私が彼らに願うことはただ1つ。
3年生の夏が終わった時、たとえ負けて終わったとしても“精一杯やった、悔いは無い”という達成感を持てる終わりであって欲しいということです。
そして、一日でも長くあのチームが続いて欲しい。(あ、2つになっちゃった…)

八重山商工の選手が「みんな進学や就職で島を出るから、負けたら皆ともう一緒に野球が出来なくなる。だから勝ちたい」と言っていました。
夏の甲子園はそういう場所。

田中くんは病み上がりだったそうです。
どうか、15日までに体調が回復しますように。
精一杯悔いのない戦いを、ベストコンディションでやらせてあげたい。
祈る事しか出来ない自分が悔しいけど…神様にも仏様にも祈ります。そして、15日はアルプスで応援します。

帰りの新大阪駅のKIOSKで、お店のおばさんに「勝ちましたか?」と聞かれました。
(応援グッズを見て甲子園帰りの駒苫ファンと分かったらしい)
途中までTVで見て、気になっていたとか。
「はい!」と答えると「良かったね、おめでとう」と言ってくれました。
甲子園から新大阪駅までの30分、頭の中は田中くんの乱調のことでいっぱいで、勝ったのにモヤモヤした気持ちだったけど…
でも、そのおばさんの一言に救われました。おばさん、ありがとう。
by nametakeko | 2006-08-12 01:04 | 高校野球 ページトップへ
駒大苫小牧 2006年夏(8.vs南陽工業)
<8月10日 2回戦>
南陽工業    0 0 0 1 1 0 1 0 0  = 3 
駒大苫小牧  1 1 2 0 0 0 1 0 × = 5  
 【投  手】南陽工:仲野、村岡  駒大苫小牧:田中
【北海道日刊スポーツ】
【駒大苫小牧 スターティングメンバー】
 1(左)岡川 2(遊)三木 3(一)中澤 4(中)本間篤 5(投)田中
 6(右)鷲谷 7(三)三谷 8(二)山口 9(捕)小林

甲子園は、暑いです。午後の3塁側は特に、西日がキツイ。。。

序盤は、駒大苫小牧らしくソツのない、上々の立ち上がりに見えましたが…

途中から田中くんが乱れました。
ボール球をなかなか振ってもらえず、6四死球。
横から見ているだけだと今いちコースが分からないので、「ストライクゾーンが微妙に合わないのかな?」とも思ったのですが、相手の選球眼が良かったようで。
そしてストレートを狙い打ちされる…

逆に、こちらの攻撃は2人目の村岡投手に抑え込まれる。
点数ではリードしていても、正直、全くその気がしませんでした。。。

どのチームからも“駒大苫小牧”“エース田中”は研究され尽くします。
でも、これはディフェンディングチャンピオンの宿命…
これに勝たなければ、勝負にも勝てません。

但し、良い材料もありました。
南北海道大会でミスの多かったバントが、今日は全てばっちり決まった。
更に、三木くんの素晴らしいセーフティバント。
小林くんの2安打。
三谷くんのファインプレー。
鷲谷くんのナイスバックホーム(あまりに早くて一瞬ボールが見えなくなった)。

悪い所ばかり見て悲観するのではなく、希望を持って応援しようと帰路の新幹線の間で心に誓ったなめたけちゃんです(笑)

それにしても疲れた…暑かった。あの炎天下で2時間以上野球をやる選手達に頭が下がります。
第二試合の途中で、銀傘の下へ一時避難しました。
目の前で見て気づいたこと、書きたい事はいっぱいあるのですが、後日改めて書きます。
今はただ、次戦までになんとか田中くんが復調してくれる事を願います。。。

ベンチからは元気な声が出ていました。
次の試合も、今日の様な…いやもっともっと、内野陣も、田中くんに声をかけて、励まして、ピンチの時には「一人じゃない」って田中くんに気づかせてあげて欲しい!

余談。
熊工の応援、かっこよくて迫力あった。このチームは強打と言われてますが守備も堅い。
そして、内野席のトイレはアルプスと違って綺麗でした。
内野には内野の、アルプスにはアルプスの良さがあり…次は何処にしようかな。

3回戦は、15日。相手は、延岡学園vs青森山田の勝者です。
by nametakeko | 2006-08-10 23:43 | 高校野球 ページトップへ
ページトップ



東京で働く道産子、なめたけちゃんの日記です。
by nametakeko
カテゴリ
全体
高校野球
大学・社会人野球
その他アマチュア野球
プロ野球
フェレット
日記
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク