検索
最新のトラックバック
高校野球道DS
from 高校野球道DS
プロ野球チームをつくろう..
from プロ野球チームをつくろう!2..
ROOKIES(ルーキー..
from ROOKIES(ルーキーズ)..
多くの甲子園球児を生み出..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
小柄な打者が、ボールに力..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
効果的なトスバッティング..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
「社会人」も始まってます。
from mingoh's観戦レポート
[野球]球速アップ(上げ..
from [野球]球速アップ(上げる)..
なめたけちゃんについて
好き→野球・南の島・フェレット。
応援→駒大苫小牧高校、筑波大学。
夢→甲子園全試合観戦、北海道のサマーハウス。
尊敬→香田誉士史監督。
メール→  8.bluesky@gmail.com
アドレスの一番最初に数字の0を加えてお送り下さい。


木村修一さんのご冥福をお祈りします
夏の甲子園以降、数え切れない程出版された雑誌や単行本の中で、読み物として一番面白かったのが『早実vs.駒大苫小牧』(朝日新書)。
早実があの2日間をどう闘ったのか、そして斉藤投手以外の選手達について知るきっかけにもなった。
何よりも、試合中の場面一つ一つの裏側にあったものが目に見えるようで。

駒苫について初めて知る事実にはショックだったし、びっくりもした。
監督がそこまで苦しんでいたと、私は分かっていなかった。監督に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

もう、何回読んだだろう。
ページをめくる度に、思い出しては考え込んでいる。あの試合のこと、暑い夏のこと。

中村計氏と共にこれを執筆し、早実の章を担当した木村修一氏が、昨年末亡くなった。
【朝日新聞東京版:早実の激闘 書き上げ逝く】

東京版の紙面では、甲子園の記者席から試合を見つめる木村氏の写真が掲載されている。
亡くなるわずか4ヶ月前だ。
「体力的にちょっときつい。年かなあ」と言いながら、取材を続けた。
原稿を書き終わった直後の検査で胃ガンが見つかった。

まだ55歳。
稀に見る最高の試合が最後の仕事になったことは、スポーツライターとしては幸せだったかも知れない。
でも、甲子園がある限りまた生まれるであろう高校野球の名勝負を、これからも見続けて、記録に残していきたかったはず。

ご冥福をお祈りします。
by nametakeko | 2007-01-19 12:59 | 高校野球 ページトップへ
<< 想い出甲子園 4 ページトップ 想い出甲子園 3 >>



東京で働く道産子、なめたけちゃんの日記です。
by nametakeko
カテゴリ
全体
高校野球
大学・社会人野球
その他アマチュア野球
プロ野球
フェレット
日記
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク