検索
最新のトラックバック
高校野球道DS
from 高校野球道DS
プロ野球チームをつくろう..
from プロ野球チームをつくろう!2..
ROOKIES(ルーキー..
from ROOKIES(ルーキーズ)..
多くの甲子園球児を生み出..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
小柄な打者が、ボールに力..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
効果的なトスバッティング..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
「社会人」も始まってます。
from mingoh's観戦レポート
[野球]球速アップ(上げ..
from [野球]球速アップ(上げる)..
なめたけちゃんについて
好き→野球・南の島・フェレット。
応援→駒大苫小牧高校、筑波大学。
夢→甲子園全試合観戦、北海道のサマーハウス。
尊敬→香田誉士史監督。
メール→  8.bluesky@gmail.com
アドレスの一番最初に数字の0を加えてお送り下さい。


KOKOYAKYU - High School Baseball
以前このブログに書いた“KOKOYAKYU”を、観ることが出来た。
イチローなど日本人大リーガーの原点である高校野球に、アメリカ人ケネス・エング氏が興味を持ち製作されたドキュメンタリー映画。
甲子園を目指す2校の一夏を追っている。

一つは大阪府立の進学校、天王寺高校。
1年生部員21人に対し、2年生8人、3年生5人。
夏の府大会を前に、背番号が発表される。
政監督が、18番を渡した3年生春木君に「君のこれまでの努力は素晴らしかった。ベンチに入れなかった皆の思いを背負った18番だ」と語りかけ、春木君が涙を流して健闘を誓う場面に、心を打たれた。
同じ思いを持って背番号をつける選手が、きっと全国に沢山居たんだろうと。
ちなみに、このシーンはアメリカ人にも大きな反響を呼んだそうだ。

激戦区の大阪から公立校として甲子園に出場する夢を追い続ける政監督は、府大会3回戦で敗退した後、エースで主将の前田君と涙で向かい合う。
「結婚して子供が出来たら、子供に野球を教えてやってくれ。いい人生を送ってくれな」

もう一つのチームが、智弁和歌山高校。
豊富な練習量。野球一筋の高校生活。
高嶋監督は、「他所の3倍4倍の練習をやっている。他所と同じ事をやっていたら勝てない。それで負けたら、監督の責任」と語る。
智弁和歌山も、天王寺と同じく県大会で敗れた。
今年、甲子園で四強進出した智弁和歌山の3年生は、当時の1年生。
そうやって、栄光も悔しさも伝統も、先輩から後輩へ受け継がれていく。

聖地・甲子園。
それだけを見ていると忘れがちな大切なものに、改めて気づかされた。

4千以上の高校硬式野球部のうち、99%は地方大会で最後の夏を終える。
甲子園だけでなく、それを目指す日々の練習・地方大会を含めて高校野球。
公立も私立も、野球一筋でも文武両道でも。
与えられた環境と条件で、夢に向かって努力する2年半は、結果としてそこに辿り着けても、そうでなくても、きっと大切な財産になる。

“一生懸命”の姿は、美しい。
選手達だけでなく、政監督も高嶋監督も、目が輝いていた。

彼らが目指した甲子園のシーンも収められている。
この映画が作られた2004年、優勝したのは駒大苫小牧。
マウンドで空を見上げる鈴木君。アルプスで声を枯らす控え部員。そして、プレーを見つめる大観衆。

全国に十何万人といる高校球児の想いが結集する場所だからこそ、甲子園にはあれほどの魅力があるんじゃないだろうか。

アメリカ人にも、この映画は大変評判が良かったとのこと。
野球発祥の地で日本の“KOKOYAKYU”を知って貰えるのは、とても嬉しい。
日本人プロデューサーの長澤崇代さんは、「高校野球を通して私がめぐり合った人達をまた取材して、ぜひ続編をつくりたいと思っています」と仰っていた。

長澤さん、本当にありがとうございました。

【KOKOYAKYUオフィシャルサイト】
※サイトは英語ですが、映画で話されるのは全て日本語(英語の字幕付)。サイト内でDVDの購入も出来るので、興味のある方は是非ご覧下さい。
by nametakeko | 2006-11-05 20:55 | 高校野球 ページトップへ
<< 想像力を持っていて欲しかった。 ページトップ 筑波大学、神宮へ。 >>



東京で働く道産子、なめたけちゃんの日記です。
by nametakeko
カテゴリ
全体
高校野球
大学・社会人野球
その他アマチュア野球
プロ野球
フェレット
日記
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク