検索
最新のトラックバック
高校野球道DS
from 高校野球道DS
プロ野球チームをつくろう..
from プロ野球チームをつくろう!2..
ROOKIES(ルーキー..
from ROOKIES(ルーキーズ)..
多くの甲子園球児を生み出..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
小柄な打者が、ボールに力..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
効果的なトスバッティング..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
佐野式少年野球最新バッテ..
from 元巨人軍コーチのレッスンプロ..
「社会人」も始まってます。
from mingoh's観戦レポート
[野球]球速アップ(上げ..
from [野球]球速アップ(上げる)..
なめたけちゃんについて
好き→野球・南の島・フェレット。
応援→駒大苫小牧高校、筑波大学。
夢→甲子園全試合観戦、北海道のサマーハウス。
尊敬→香田誉士史監督。
メール→  8.bluesky@gmail.com
アドレスの一番最初に数字の0を加えてお送り下さい。


一生分の夏
『一生分の夏 - いつも胸に甲子園があった。- 』(竹書房)。
甲子園で活躍した選手達のその後を、8人の記者が追ったもの。去年の駒大苫小牧優勝メンバーの糸屋くん、鈴木くん、佐々木キャプテンも載っている。

1・2年生で注目を浴びたエース達の話が、印象的だった。

東邦の1年生エース坂本佳一選手は、1976年夏、準優勝。”バンビ”の愛称でアイドル並みの人気を集めた。しかしその後は一度も甲子園への切符をつかめなかった。法政大学に進んだものの、ケガに悩まされ4年間殆どスタンド応援。”バンビ坂本”としての自分を先輩に利用される事もあったと言う。
現在は地元名古屋の鉄鋼商社でサラリーマンをしている坂本氏。「野球に恩返しをしたい」とNPO法人も立ち上げた。そういえば今夏、NHKの駒苫vs聖心ウルスラの解説がこの人だった。柔らかい語り口で駒苫の事を「高校野球のお手本。こうすれば勝てる、という事をきちんとやっている」と褒めていた。



1994年夏、あの福岡-田村の樟南バッテリーを倒し初優勝した佐賀商の2年生エース峯謙介選手。地元は大変な盛り上がりで一躍時の人となった。しかし、3年の夏は県大会決勝で敗退。卒業後社会人で思うような活躍は出来ず、今は実家でスポーツ用品店を経営しつつ軟式野球チームでプレーしている。全国制覇したあの夏の事は殆ど覚えていないと言う。それよりも、最後の夏の悔しさの方がずっと強い、と。

帯に書いてあった言葉。
”ファンの「記憶」の中で生きる彼らは、「今」を生きている。”

そう、甲子園はたったの2週間。その短い間で、彼らは私達に強烈な印象を残して去っていく。その名前や顔を別のフィールドで見る確率は低い。だから、人々の心の中の姿は、いつまでもあの時のままだ。
でも、彼らの人生はそこで止まらない。二十歳になり、30代になり、仕事を持つ。元チームメイトはそれぞれの道に別れ、新しい世界で新しい出逢いがある。

甲子園での功績がその後の人生で足かせになるのは、辛いことだ。人々が持ち続けるイメージと実際の自分とのギャップは苦しい。自分の中ではとっくの昔でも、「甲子園で優勝した」とか「こんな記録を立てた」という枕詞がいつまでたってもついて回る。

でも、43歳の坂本氏も28歳の峯氏も「あれがあったから今の自分がある」と考えて、過去の栄光にしがみつく訳でなく、逆に過去を否定するのでもなく、それを受け止めて、淡々と今を生きている。

駒大苫小牧ナインにも、いつかその時が来る。”北海道の英雄”として語り継がれるであろう彼らは、大学生になり、社会へ出る。プロへ行く選手もいるかもしれないし、野球から離れる選手もいるかも知れない。その時に、あの快挙が重荷にならないといいなぁ。。。きっと、彼らなら大丈夫だよね。

”一生分の夏”。いい言葉だ。夢の舞台に立った球児にとって、そのひと夏はきっと一生の思い出、宝物になる。そうさせてくれる何かが、甲子園にはあると思う。
by nametakeko | 2005-12-16 20:17 | 高校野球 ページトップへ
<< 30代からの挑戦 ページトップ 中日・平田良介誕生 >>



東京で働く道産子、なめたけちゃんの日記です。
by nametakeko
カテゴリ
全体
高校野球
大学・社会人野球
その他アマチュア野球
プロ野球
フェレット
日記
以前の記事
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
リンク